グラフィックデザインを導入すると何が変わるのか。

1 事業・サービスの信頼性が高まります。

KGDは、顧客ファンの獲得を目指します。

グラフィックデザインの導入は、クライアントの事業の信頼性向上につながります。KGDのグラフィックデザインは、クライアント事業のブランド価値を高め、新規顧客の獲得だけでなく、既存顧客との長期的な関係構築にも貢献しています。グラフィックデザインの導入は、事業やサービスのブランド価値と信頼性を高め、顧客ファンの獲得に向けて重要な役割となります。KGDはグラフィックデザインの活動を通して、クライアントのビジネス環境に多面的で良好な結果をもたらすことを目指しています。

2 顧客の購買にいたる意思決定をうながします。

KGDは、購買単価の向上や売上に貢献します。

訴求情報が整理され、イメージが構築されたデザインは、商品やサービスの特長や付加価値を魅力的に伝え、顧客が購買する意思決定に影響を与えます。グラフィックデザインの視覚的な一貫性は、ブランドの認知度を高め、顧客が商品やサービスに対してより強い興味喚起を作り出します。グラフィックデザインの視覚的効果で顧客の購買意欲を引き上げ、最終的に売上に貢献できるようKGDは目指しています。

3 訴求すべき情報を明確化し顧客理解を促進します。

KGDは、差異化しながら集客を目指します。

グラフィックデザインは、クライアントが訴求したい商品情報やサービス内容を明確に整理し、視覚的な要素を駆使することで、顧客理解を促進する重要な手段のひとつです。複雑な情報やコンセプトを分かりやすく表現できれば、顧客は効果的にクライアントの事業サービスを理解することができます。また以前のグラフィックデザインは、ブランド機能を相対的に比較する差別化が問われましたが、成熟した社会では、絶対的な価値を見つける差異化が重要と考えます。顧客が視覚的に魅了されることで、クライアントの商品やサービスへの興味が喚起され、集客につながることをKGDは目指しています。